読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sokotujii's blog

呟き以上、日記未満…かな

夢見は…

f:id:sokotujii:20161103104938j:plain

 

 

今朝は 半覚醒状態で夢うつつ…でした…

 

f:id:sokotujii:20161103145327j:plain

 

つまり、目を開けていないだけで もう寝てはいない状態で…

 

「ああ、これは夢だな…」とわかって夢を見ている感じ…

 

自分も観客として(絵空事を)見ながら なおかつ登場人物でもある…という矛盾…

 

f:id:sokotujii:20161103145348j:plain

f:id:sokotujii:20161103145355j:plain

 

話は…

 

誰かの別荘に僕がいて、そこにUさんとMくんが訪ねて来て…

➡この別荘は実在しないが、夢では見たことがある…

 

かなり、大きな建物で…玄関入ってすぐロビーは大広間といった感じで

 

応接セットや ダイニングテーブルや 薪ストーブや いろんなコーナーが…

 

その奥は 右と左に振り分けられていて 僕は主に右を使っている…

左の棟は 入るとすぐにとても大きな風呂場で一階は檜の風呂で(これが家族風呂)

地下に大浴場があって 各種施設も…

 

その奥は 長い廊下でつながっていて オーナーの居住区域(常住ではないが)へ

謂わば「奥」だ…

当然、僕は中をよくは知らない…

 

中略…)

 

そんなわけで、UさんとMくんに 右棟の右の上の真ん中辺の部屋で寝てもらった…

➡この棟は廊下をはさんで両側に座敷が並んでいて、しかも新幹線のグリーン車のよう   

 に 二階建てなのだ…

 

Uさんはビニール袋に赤い粉と何かの薬を入れて密閉して表に出した…

 

中略…)

 

翌日、部屋に行くと 外に出していた袋の中身が ポロシャツになりかけていた…

 

Uさんは 

「これで創れるから 着替えは要らないんだ…」

とおっしゃった…

 

ふと玄関が騒がしいのでいってみると

オーナーの友人たち一行が来ていて…

彼らは ダイニングコーナーに陣取り 我々3人は応接コーナーに…

 

風呂に入ることになり 左棟に行き…

僕は「大」を催して、トイレと思って廊下の戸袋を開けたら押入れのような

二段の板張りで、試しに上に上ってみると そこから町の目抜き通りに通じるドアになっていた…

「ワープできるのか!」

と僕は吃驚したけれど、探しているのはトイレなので「奥」に行った…

 

後略)

 

これは、まさに僕が(催していた)状態であったときの(夢)でした…

 

f:id:sokotujii:20161103154727j:plain

 

f:id:sokotujii:20161103155702j:plain

f:id:sokotujii:20161103155915j:plain

 

その後、起きてもぼんやりと日中を過ごし…

 

f:id:sokotujii:20161103172048j:plain

f:id:sokotujii:20161103181601j:plain

 

おっとり刀で出かけた…

 

f:id:sokotujii:20161103184814j:plain

f:id:sokotujii:20161103190222j:plain

 

はじめチョロチョロといった感じで 結局 大盛況に…

 

f:id:sokotujii:20161103185850j:plain

 

ts,as,ds,b という編成…

 

f:id:sokotujii:20161103192547j:plain

 

この組み合わせは 本邦初だった…らしい…

 結果的に KくんとY子さんの対比は面白い…と思った…(・∀・)

 

僕とても 各々とお会いするのは 約数か月ぶりだった…

 

KくんとFさんは 最初から飛ばして…

こっちは 防戦一方…で

結局、ヨレヨレに…

 

f:id:sokotujii:20161103193153j:plain

 

お土産に頂いた カツサンドを車中で喰って(まいうでした…!)

ドンキへ寄った…

 

。(。。)\バキッ☆