読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sokotujii's blog

呟き以上、日記未満…かな

今朝 の…

f:id:sokotujii:20170411135336j:plain

 

f:id:sokotujii:20170411135351j:plain

 

「夢」…

 

前段は はっきりとは覚えていない、が…

 

何処かへ 楽旅へ行き…

なんとなく(中途半端に)済んで…その帰路に

ちょこっと、寄り道でも…と あても無く電車に乗っていると…

 

顔見知りらしい(?)二人連れに 出会って…

Xくんが 「このままずっと乗って行けば きっと面白いところに行ける…」

と云って 下りて行った…

それで そのまま乗って行き、見知らぬ風景に…

「確か、総武線だった筈だけど…」

と 不審に…

というのも、千葉県に入る前にたくさんの(見覚えのない)駅があって

なかなか東京を出れない…ので…

 

もうそろそろ 次あたりで千葉かな…という駅で下車して

徘徊をして…駅に戻ると Xくんがいて…

「これから、面白いところに行くから一緒にどう?」というので 行くことに…

 

何台かの車に分乗して行く…それぞれ自家用車らしい…

僕の車(見覚えのない)には 見知らぬヒトが乗ってインテリっぽいので 多分学者さんなんだろう…と思った…

 

(長野あたりの峠道みたいな)道を延々と走って、相当に標高の高い所に山荘があって…そこが目的地だった…

眼の前に 槍ヶ岳みたいなのが雪をかぶっている…

それでも 聞いてみると 此処は千葉県らしい…

「千葉県、ってえのは 奥が深いんだなぁ!」と感心した…

 

山荘というより大きな民宿といった風で…

大広間を中心に各部屋が並んでいる…

僕は…「薪ストーブもあるし、あとは風呂が良けりゃ いいや…」

と 泊まることにした…

部屋は和室で各4~5人ずつで 食事も割に質素で酒も無く…

「健康合宿かなにか、かな?」と思った…

「すると、お代は高いのかな?」とすこし不安に…

 

食後、演芸会というか かくし芸大会というか…催し が…

皆さん お馴染みさん のようで…

「してみると、どこかの会社の保養施設とかかな?」と推理した…

 

とにかく 此処が何処で、何をするところか 聞く間もなく…夜は更けていき

 

翌朝は またバタバタと 飯を喰い…なんとなく帰り支度をしていると

 

○○くんが たくさんの(お供を)連れて やって来た…

それから、彼の歌謡ショー が…

 

僕は彼が歌を歌える、とは知らなかったが…実は大歌手で…

 

この(催し)も山荘を貸し切って行う ファンの集い なのだった!

 

僕は 多少(便意)があったけれど、退散することにして…

 

駐車場に向かって歩いていくと、そこ此処に(街角文庫)なる箱があって…

 

すごく佳さげな 古文書や全集なんかが バラけて置いてあって…

 

「これで散逸したら 勿体無いなぁ…」と思ってページを繰っていた…

 

すると、ガイドのヒトが

「後日 皆さんには それぞれ請求書を送らせて頂きます…」

と云って

 

僕は 少々不安になったが…

便意も増した…ので そちらの不安も…

 

                   …以下省略…

 

。(。。)\バキッ☆      

 

f:id:sokotujii:20170411140154j:plain

 

f:id:sokotujii:20170411140521j:plain

じゅるる…m(__)m